So-net無料ブログ作成

大阪府公文書館の困難なる状況 [情報公開・文書管理]

先日、小奈辺古墳に行く前に、大阪府公文書館に資料を探しに行っていた。
1日ずっと資料を見たりコピーしたりしていたのだが、どうも対応などで色々と引っかかることがでてくる。

それを書くと問題になりそうなのでとりあえず書かないが、気になったので関係者に状況を聞いてみた。
どうやら、大阪府公文書館は縮小再編される方向で動いているらしいというのだ。

今のところの動きとしてあるのは、公文書館にある参考図書類を手放し、府立図書館に移管(移管されないものは破棄)するということだ。
しかも、その参考図書には大阪府内の市史なども含まれている。

どうも、話を聞くかぎりでは、公文書館理念をきちんと理解していない館長などが進めている政策の一環のようである。
いずれは、保存している公文書をスペースの関係で破棄するという可能性まであるとのこと。
橋下行革の一環みたいだが、情報公開を標榜している知事の下で、なんでそういうことをしているのかと思わざるを得ない。

まだ私もよくわかっていないことが多いので、具体的にどうかということは書きません。
下記のwikiを参考にしてください。

大阪の公文書館問題を考える
http://wiki.livedoor.jp/archives_osk/d/%a5%c8%a5%c3%a5%d7%a5%da%a1%bc%a5%b8

大阪府公文書館自体が、自らの首を絞めるのに手を貸している状況という極めておかしなことになっています。
公文書管理法という追い風があるにもかかわらず、自ら帆を畳んで沈んでいくというのはどういうことだと危惧を感じざるをえないので、紹介させてもらいました。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 2

まっちゃん

wiki管理者の一人です。
ブログ。問題提起を続けておられる同世代の書き手だなと、かねてから拝見しておりました。当方7月の京都のシンポは行ってましたので、ニアミスしてたかもですね。
このたびはwikiご紹介ありがとうございました。昨日(12/17)の開催の運営懇談会の議事録(仮)もアップしてます。いろいろ考えさせられる内容でして、またご感想などご披露いただければ幸いです。

ページをご覧の皆様へ。大阪は大変まずい状況です。ぜひお出でいただいて皆さんの率直なお声をお聞かせいただき、お知恵をお貸しください。どうぞよろしくお願いいたします。
by まっちゃん (2009-12-18 22:36) 

h-sebata

> まっちゃん さま

書き込みありがとうございました。
おそらく共通の知り合いはわんさと出てきそうな感じでしょうか(笑)

地方公文書館の状況は、昨年度つぶされかかった岐阜の例もあるように、どうも公文書管理法ができたとしても、追い風にできていないところがあるということが気になっていました。

今回の大阪の話は、たまたま閲覧に行ってしまってから、やや自分も巻き込まれつつあるというところです。
このブログはどうやら関係者が読んでいる確率が高いようなので、少しでもお役に立てればと思い、紹介してみました。

また何か動きがありましたら、ひきつづき追いかけて行きたいと思っていますのでよろしくお願いします。
by h-sebata (2009-12-19 02:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0